中古車の高額査定のポイント

車を購入する時には、まとまった資金が必要になります
新車を購入する方は、何百万円の単位のお金が必要になります。
そのためにも、今現在乗っている車が、少しでも高く売ることができれば、次に購入する車の資金に当てることができます。

 

年式が古いから、距離が結構いっているから、どんなことをしても、金額は変わらないと諦めてしまうのは、もったいないことです。
ほんの一工夫するだけでも、何もせずに買い取ってもらうよりは、数万円の差が生まれることもあります。
では、どのようなことに気をつけて車を売ればよいのでしょうか。

 

車の査定には、車の年式、走行距離、状態、事故歴、修理歴などがポイントとして見られます。
車の年式、走行距離については、ありのままの状態を、業者さんに見ていただくしかありません。
次に、車の状態ですが、これはまず車の概観を自分でチェックします。

 

車の概観に傷や汚れがないかをチェックし、自分で直すことが可能な部分は、お手入れをしてから持っていくようにしましょう。
汚れたままの状態で車を持っていくと、ここでマイナスの査定となってしまいます。
また、車の中もきれいに掃除をしてから、持って行くとさらに良いでしょう。
できる限りきれいな状態にしておくことが重要です。

 

車のヘコミや傷は、自分で直せない物は、修理に出してしまうと余計な出費がかかってしまうことになりかねませんので、お勧めしません。
また、見落としがちなトランク、エンジンルームなど内部もお掃除を忘れないようにしましょう。
車を売る時には、複数の業者さんに見てもらい、見積もりをとると比較して考えることができます。
ムーヴ 買取

 

中古車の購入の際も同じですが、業者さんによっては同じ状態の車でも、売る値段や買う値段は違う場合が多いのです。事故歴、修理歴については、ありのままを述べましょう。
ここで嘘をついたりすると、逆にマイナスの査定となることもありますので、気をつけてください。
きれいな状態で、複数の業者さんに持ち込むのが、少しでも価格を上げるポイントとなります。

車雑学

最新記事